弊社は、大正6年(1917年)鉄骨構造物、ボイラー等を製造する鉄鋼業会社として創立しました。昭和24年より、国鉄向けタンク車、貨車の製造を開始しました。その後、石油化学プラント用機器、製鉄プラント用機器、圧力容器及び鏡板の製造に進出しました。更に、製品の大型化、高精度化に伴い、昭和40年、新浜工場を開設移転し、電力会社向け排煙脱硫装置など大型プラント機器の現地据付工事を施工する総合プラントメーカーとしての実力を養ってきました。そして、昭和63年、大型高精度工作機械の導入を図り、製缶・板金加工、機械加工、現地据付工事の一貫体制をとるようになり、大型液晶テレビや薄膜式太陽光パネルのガラス基盤を製造するための真空チャンバーの製作などを行っています。 また、自社製品の開発を行っており、低沸点で野菜や果物を乾燥フライする減圧フライヤーは海外にも輸出しております。さらに、微生物の働きで分解消滅するバイオトイレや冬でもお湯が沸く真空管式太陽熱集熱器や太陽熱調理器など地球環境保護の為の環境関連製品の開発・販売も行っています。
代表取締役 寺田 雅一